渡久市役所

駅ナンバリング対応のE235系データを収録
"NextStation v0.2.1.0" 公開中!

Station 要素 - NextStation リファレンス

列車設定:NextStation > Route > Station

列車設定の経路を構成する個別の駅を表します。

経路は、路線情報で定義されている駅を参照するStation 要素のリストとして表現され、どの駅を参照するのかをRef 属性で指定します。停車駅とするか通過駅とするかは、Stop 属性で設定します。

Ref 属性とStop 属性以外の属性は、通過駅となる場合には無効です。

サンプル

<Station Ref="5" Stop="True" StopPosOffset="1" Door="Left" ArrivalTime="5" PlatformRef="0" TransferRef="1">
  <Running/>
  <Arriving/>
  <Stopping/>
  <Departing/>
  <Omissions/>
</Station>

子要素

Station 要素の子要素は以下のとおりです。

要素名 概要
Running 駅間走行時の表示状態の設定を行います。
Arriving 駅到着時の表示状態の設定を行います。
Stopping 駅停車時の表示状態の設定を行います。
Departing 駅発車時の表示状態の設定を行います。
Omissions 途中駅省略表示を指定するリストを表します。

属性

Station 要素の属性は以下のとおりです。

属性名 概要
Ref 経路として参照する、路線情報の駅定義リストの駅インデックスを指定します。
Stop この駅に停車するかを設定します。
StopPosOffset プラットホーム情報表示モードで表示される列車の停止位置を設定します。
Door ドアの開く方向を指定します。
ArrivalTime 路線図で表示する前の停車駅からの所要時間(分)を設定します。
PlatformRef 路線情報の駅定義から参照するプラットホーム設定を指定します。
TransferRef デバイス設定の駅付加情報から参照する乗り換え路線設定を指定します。